今年も到来、年賀状シーズン

2022年年賀状発売日

11月1日(月)

今年発売されました「日めくり京都365」では10月29日のページに当店を掲載いただいております。

日めくり京都

来年の干支

来年の干支は寅(とら)、十干十二支では壬寅(みずのえとら)。新たに芽吹く直前を表します。2022年は新たな目標にトライする年にしたいですね。

寅

喜ばれる年賀状とは
相手のことを想い
時間をかけた痕跡がある年賀状

心のこもった年賀状を作る

デジタルの限界、アナログのあたたかみ

コロナ禍においてコミュニケーションにおける「デジタルの限界」を感じられた方も多いはず。
直接手に触れ、持って見ることができるハガキなどのアナログものは、紙の質感などの温かみから心が伝わってきます。
「人」と「人」とのつながりを重視される方は今だからこそ年賀状を出されてみてはいかがでしょうか。

人と人

心を揺さぶる、手作り感のある年賀状

手作り感のある年賀状を貰うと嬉しいですよね。デザイン面ではプリントされたものの方が整っていても、なぜか「手作り感のある年賀状」の方が貴方の心を揺さぶりませんか?
それは、作り手の痕跡を感じるからではないでしょうか。相手の顔を思い浮かべて書くメッセージは必ず相手に伝わります。

Q.どういう年賀状が嬉しい?

  • 手書きのメッセージが書かれたもの
  • 手書きのイラストが書かれたもの
  • 工夫が凝らされているもの

= 手作り感・オリジナル感

20枚から50枚程度出される方にぴったり

田丸印房のハンコで作る、簡単手作り年賀状

初めての方は「ハンコ(スタンプ)で作る年賀状」と言われても、イメージがつかないと思います。
まずは下記より当店で作成した「見本押し」をご覧になり、“ハンコ”で作る年賀状の世界を覗いてみてください。
当店で作成した見本を参考に、ご自身ならではの年賀状作りをお楽しみください。

年賀状
年賀状
年賀状
年賀状
年賀状
年賀状
年賀状
年賀状

手作り、難しくありません

年賀状を出す理由

年賀状の起源は平安時代ですが、これは貴族社会の話であり、現代のような一般庶民にまで広がったのは江戸時代の頃からと言われています。年始にはお世話になっている方や身近な親戚の方々にお年賀を持ってご挨拶に伺うという日本の慣習があります。ただ、遠方であったり物理的な時間が足りない場合などにおいては、代わりに年賀状をお出ししご挨拶に代えていたそうです。つまり、昔から「年始のご挨拶代わり」に出しているんですね。では現代において、年賀状は出した方がいいのか?
結論から言いますと枚数を少なくしてでも心を込めた年賀状を出すべきです。

道具を使って、簡単に手作り感を演出

いざ手作り年賀状を作ってみようと思っても字も上手くないし、イラストも描けない…という理由から、諦めている方も多いと思います。こうした方々には、「道具」を上手く使う事をお勧めします。田丸印房のハンコなら、簡単に手作り感溢れる年賀状を作ることができます。例えばこちらの年賀状は「文字スタンプ」を和紙に重ね、「切箔スタンプ」で空間を埋めてみました。いかがでしょうか?

ハンコ年賀状

他の道具を使った年賀状

和紙

和紙

和紙を貼ってその上から文字を書いてみる方法があります。平面に立体感が生まれ、文字の上手い下手に関係なく目を楽しませてくれます。和紙だけでなく、雑誌や包装紙を破って貼ってもそれらしく見えるんです。

シール年賀状

『マスキングテープ』や『シール』

単調なデザインにアクセントが加えられるので、グッと華やかさがアップする方法だと思います。和紙と組み合わせて使っても良いですよね。

田丸印房年賀定番セット

手作り年賀状が簡単にできるセットをご用意しました。

セット1

定番年賀セット

はつ春うぐいすセット

3938円(税込)

セット2

定番年賀セット

日の出富士山セット

4994円(税込)

セット3

寅年賀セット

トラ親子セット

3201円(税込)

セット4

寅年賀セット

張子の虎セット

2453円(税込)

プロが教える!田丸印房のハンコで作る年賀状

当店では人の思いはモノを介して相手に伝わると考えております。当店ではまず、印の制作の際は必ず人の手が介在するようにし、1つ1つ心を込めて製作しております。
具体的には手作りへのこだわりをご覧ください。

田丸印房のハンコは何が違うの?

当店の『京うふふスタンプ』の特徴はイラスト屋さんが描いたスタンプではなく、印章彫刻技術をベースにしています。

POINT

細かな線まで綺麗に出る

種類が豊富で選ぶのが楽しい

ゴムの耐久性が高い

人の手で作る

Special Movie!

基本的なハンコの押し方

うまく作れるか不安なあなたへ

オンラインワークショップ開催

ご自宅でスマホやパソコンからご参加いただけるオンラインワークショップ。
【日程】11月3日(水・祝) / 5日(金) / 7日(日)
※ご希望の日時をお選びください
【時間】各日13時~14時
※当日の進行状況により、終了時刻が前後する場合がございます
【会場】Zoom
※開催日前日までにメールにて招待URLをお送りいたします

オンラインワークショップの様子
田丸さん

Message

結論、喜ばれる年賀状とは、
「さまざまな工夫を凝らして、自分なりの手作り年賀状を作る」
この行為自体ではないでしょうか。

この作るという行為自体が相手の心を揺さぶる”痕跡”となり、自分の温度を伝える原材料になるのだと思います。 もちろんプリントものよりは作る時間がかかります。
しかしながら、年に一度、日頃よりお世話になっている方を想って割く時間は、大変有意義な時間と考えることもできます。