ここでは、石印材を用いた篆刻に関する私(寺町店 店主「龍禅」)の彫り方を簡単にご紹介します。
あくまでもこれは私の彫り方ですので、絶対的なものではありません。したがって、参考程度に見ていただき、ご自身が工夫する材料にしていただければ幸いです。

1.まず、ペーパーで石材の印面を正します、一方向だけにならないように印材の向きを変えて回数を数えながら磨ります。同じ回数にするのがコツです。
※石自体の磨き方は、「石を磨くの巻」をご参照ください。

2.朱墨を塗ります。印面が見やすくなります。濃く塗る必要はありません。なお、朱墨については出来れば上質のものをお使いになるのをオススメします。書道の先生が添削に使用されているようなものですと、後に使う黒墨に負けてしまい字を修正したい時に困ってしまうからです。

3.篆刻台に固定して鉛筆(2B)で下書きをします。逆さまの字を直接書いていきます。なお、複雑な文字の際は、予め「印稿」※1 を作られてきちんと文字の設計(デザイン)された方が良いです。我々も「印稿」は作っています。

4.下書きの上を墨で上書きします。
この時、枠も墨で書き入れておくのがポイントです。

5.鏡に映して確認します。案外横線が右上がりになっていたり、縦線が傾いていたり自分の目のくせが出るものです。また、その日によって目の調子も違うようで必ず一度鏡に映してみます。

6.確認して悪いところや気に入らないところを朱墨を上から塗って修正していきます。この時、油絵のようにコテコテに塗り過ぎないように注意します。

7.鉄筆を使用して彫っていきます。彫る順序は、だいたい筆順に彫り進めます。

8.一通り彫りあがったら、印面の朱墨や墨をボロギレなどをぬらして拭き取ります。
彫りかすや墨などをそのままにしておくと、印泥が悪くなりますので必ず押す前に拭きとったり払い落としてください。

9.印泥をつけます。私の印泥は古くなっているので印材でまず掘り起こすようにしてます。
それから、軽くぽんぽんと何度もつけます。つけ過ぎないように。もちろんつける前に練っていただくのがベストです。

10.押します。ぐるりと「の」の字を書くように力を入れます。

11.一通り彫りあがったものが左の写真です。押した印影を見て直して行きます。

12.気にせずにどんどん直してみてください。 今回の見本は彫りなれた、長楽という言葉ですのでこんなもので済んでいますがなれない字や調子の悪いときはかなりの回数手を加えます。だんだん悪くなってしまう場合もありますが 特に初心のうちはご自分が納得いくまで直されたほうが良いと思います。



13.修正した後のものがこちらです。修正前のものと比べると、ずいぶんスッキリしました。どういった点を修正していったか、上の画像で確認してみてください。 ただし、この修正点は個人的な感性によるものです。ご自身で納得がいくものがその人にとって、一番良いものだと思います。その為にできれば、修正の回数を重ねてください。この修正作業(こだわり)の中から、個性が生まれると私は考えています。是非、自分の個性を篆刻を通じて彫りあててみて下さい。

※1 「印稿(いんこう)」
印稿とは、彫る文字や絵の設計図(デザイン)のことです。 直接石に書く前にメモ用紙か何かに彫りたいイメージを正字(逆字ではない)で書いておきます。


→次「石の磨き方」へ